読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロツク

最終的にゼロから人の役に立つ物を作りたいなぁ

三点リーダー(……)の使い方とMacでの打ち方、変換方法

駆け出しライターが、執筆の仕事中に気になったことを調べてメモしています。前回は、表記ルールを公開しているメディアについて書きました。

 今回は、三点リーダー(……)についてです。

三点リーダーは、2回使うのが基本

文章の語尾に「なんだと……」「なんだと・・・」のように使う連続した点。それを三点リーダーというらしい。そして、基本的には「中点(・)」を3つ連続するのではなく、「三点リーダー(…)」を2回繰り返すのが正解のようだ。

三点リーダーのMacでの変換方法について

三点リーダーのタイピングは、「てん」と打って、「…」を変換することが多いらしい。でも、それはめんどくさい。

調べてみると、「option + ;」で「…」を打つことができた。ショートカットキーなのかな?

三点リーダーをベースラインではなく、真ん中に表示する方法

三点リーダーは、基本的に「……」というようにベースラインでの表示となる。しかし、「中点(・・・)」のように真ん中で表示したい時もある。読みやすさや感覚的に。

その場合は、下記のように三点リーダーのみ日本語フォントを指定することが解決するようだ。

<span style="font-family: 'HG丸ゴシックM-PRO';">……</span>

 はてなブログのHTML編集で書いてみると、

・通常の三点リーダー「……」
・日本語三点リーダー「……」

というように変わって見える。え?わかりにくい?

通常「……」CSS指定後「……」

これでわかった。

ピリオドを3回繋げると紛らわしい問題「...」

雑談になるが、ピリオドを3回繋げると「...」、三点リーダー「…」となる。うーん、わかりにくい。基本は押さえて、あとはライターが自分で考えて使い分ける記号なのかもしれない。

日本語表記ルールブック

日本語表記ルールブック

  • 作者: 日本エディタースクール
  • 出版社/メーカー: 日本エディタースクール出版部
  • 発売日: 2012/03
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る